コードギアスR2 19話 「裏切り」

す・・・すごい。圧倒的過ぎる・・・

ギアスが好きになったのは表現の巧みさとか、予想できないストーリーとその内容の濃さに惹かれたからですが、やはりすごい。

私はいつもギアスを見たあとは何もしてないのに疲労感がありますが、30分間興奮しっぱなしだからなんじゃないかと。


今回はネタをはさめるような感じじゃないため、感想をいつもより多めに書いていきます。








フレイヤにより、東京租界は甚大な被害を受けた。

被害者数が実際の核兵器に匹敵しますね。しかし映像から見るに、面積的にはあんま被害を受けたように見えないんだけど・・・






画像


ニーナは今更ながら自分の作ったものの威力に愕然。

これは東京租界が「ブリタニア人もイレブンも住んでる町」ってのがミソかも。

多分イレブンだけだったらこんなにニーナがショックを受けることも無かったんじゃないかなあ・・・ミレイなどの親しい人たちがいた分余計に辛く感じるのでしょうね。








画像


ルルーシュは狂乱。藤堂に「ナナリーを探せ!」と命令を出します。

ルルーシュは、やはり『軍人のトップ』には向いてなかったと言うことでしょうか。

いくら統率力、カリスマ、指揮能力や政治能力など、トップに必要な才能がそろってると言っても、やはりここまで露骨に『弱点』がある者には無理なのかもしれません。

その点、シュナイゼルはどんなことが起こっても大きくペースを崩されることは無いんでしょうね。












画像


一方斑鳩では脱走者であるコーネリアの追跡が。ディートハルトが追い詰めますが、そのときブリタニア軍の親善大使を名乗るものが・・・

それはシュナイゼル。わざわざ敵地に自らのりこんで何をしようというのか。












画像
画像


帰還したルルーシュは「兄さんには僕がいるじゃない」というロロに、「俺はお前が嫌いなんだよ!だいっ嫌いなんだよ!今まで殺そうとして殺せなかっただけだ!」と、今までの怒りをぶつけます。

まあ、妹の変わりに兄弟になりすまし、シャーリーまでも殺害したロロにルルーシュが強く当たるのは当然ではありますが。












画像


その頃のニーナ。ロイドに「科学を捨てるか、人を捨てるか選ばなくちゃいけない」と言われます。

ロイドは自分が壊れていることは自覚しているようで・・・まあ、人殺しの兵器を造ってるんですから、ある程度壊れてないとやってられないのかもしれませんね









画像


黒の騎士団内部では、シュナイゼルたちとの会談にゼロが出られそうもないため、どうするか相談。

扇も逃亡者の追跡(実際にはヴィレッタの様子を見に行ったのですが)をしているので、代わりにに玉城を出すことに。

玉城はシュナイゼルに「ゼロとともに戦ってきた古参の一人」と言われ天狗にw











画像


一方東京租界。ジェレミアとスザクが話し合っていました。ジェレミアはスザクに助けられた礼を言い残し、その場を後にします。

思えば二人の関係も奇妙と言えば奇妙ですね。

もしかしたら、ジェレミアは『忠誠心』の塊であるのに対し、スザクは『自分のルール』に忠実であろうとしたために分かり合えなかったのかもしれませんね。











画像


アッシュフォード学園はかろうじて被害を免れていたために人々の避難所に。

リヴァルとミレイはなんとか生き残っていたようです。これは・・・リヴァルにもまだチャンスがあるってことかな?












画像
画像
画像



そんな中シュナイゼルは『ゼロの正体がルルーシュである』こと、『ゼロが催眠術の強力なもの・・・ギアスを持っていること』などを説明。

最初は玉城やディートハルトなどが擁護していましたが、次々と証拠が挙がり、さらに扇が「彼はペテン師だ!」とまで言った事でみんなゼロを信じられなくなっていきます。

というか、もう少し疑おうよ・・・音声なんてやろうとおもえば合成できるし、他にもみんなあっさりと信じすぎだろう・・・

こういうとき一番冷静であるのは藤堂なのでしょうが、朝比奈が死ぬ間際に残した「ゼロは虐殺を支持していた」という発言でゼロを信頼できなくなっていたようで・・・

さらにシュナイゼルは「フレイヤのことは事前に警告したが、ゼロは誰にも知らせなかった」と、フレイヤの非がさも自分たちに無いかのように話します。これはシュナイゼルの話術が巧みというべきか・・・

普通は『世間に公開されていない兵器があるが、強力な威力だ。直ちに戦闘を停止しなければ使用する』とか言われて信じるバカはいないでしょう。

こういう場合、ほとんどの人が「時間稼ぎをするためのハッタリだ」と思うでしょうしね。時間がかかれば不利になるのは騎士団側だし当然と言えます。










画像


シュナイゼルはゼロを差し出すよう要求。

扇はそれに条件をつけます。「ゼロを差し出すなら日本を返せ!」と・・・扇はそんなつもりは無いのでしょうが、これは酷い人身売買だな・・・

コーネリアは「取引ができる立場だと思ってるのか」と言いますが、人にものを頼む・・・しかも今まで敵だったものに頼むんだから自分たちもリスクぐらい負おうよ・・・









画像


一方ルルーシュをC.C.が慰めようとしています。やっぱC.C.は今のほうがいいなあとか思ってしまうw

そこにカレンが。「ご主人様」とルルーシュを呼ぶC.C.にカレンはあらぬ誤解をw
ルルーシュは「俺のせいでC.C.の記憶が・・・だから君の知ってるC.C.はもういないんだ・・・」と言います。









画像
画像


とりあえず扇に呼び出されたと言う倉庫に向かうルルーシュ。帰ってきたカレンを気遣う余裕もあります。

思うに、ルルーシュは最初よりかなり成長してるんじゃないかと思うわけですよ。ナナリーが総督になったときはもっと冷静さを欠いていたのに・・・

しかしそこはゼロを裏切った黒の騎士団の面々が。

ルルーシュはそこにシュナイゼルの姿を見つけ、「シュナイゼルがいるなら隙は無いのだろう」と悟り、「今までのことはゲームだった。君たちは駒だった」と憎まれ役を買って出ました。そしてルルーシュをかばおうとするカレンは「特別優秀な駒だった」と・・・













画像


絶望するカレン。離れていくその背中にルルーシュは「君は生きろ」と声をかけます。

このまま一緒にいればカレンも不幸な目にあうから、あえて突き放したわけですね。











画像



そして放たれる銃弾。しかし間一髪のところで蜃気楼が。ロロが助けに来ました。













画像


そのままロロはルルーシュを連れ逃亡。騎士団やブリタニアの包囲網から逃れるためにギアスを連発します。自分の心臓が止まってしまうことも厭わずに・・・

生きる目的を失っているルルーシュは「もういいんだ!それ以上やればお前が死んでしまう!」と言いますが、ロロは「今まで僕はずっと道具だった。確かに兄さんには利用されてただけかもしれないけど、あの時間だけは本物だった」と、今までのルルーシュとすごした時間は嘘じゃなかったと。











画像


やっと逃げ切ったときにはロロはもう虫の息に。「なぜ助けた?」と聞くルルーシュに「兄さんは嘘つきだから・・・嘘だよね。僕が嫌いなんて・・・」と言います。ロロが最後まで嘘と思ったか、はたまた嫌われてるのを悟った上で言ったのかは定かではありませんが。

ルルーシュは「すっかり見破られているな・・・さすがは俺の弟だ」と、やはり最後だからか、優しい言葉をかけます。

「そう・・・だよ・・・僕は兄さんのことならなんでもわかるんだ・・・」と息絶えるロロ。よく考えれば、ロロも報われない人生を過ごしてきたわけで。ルルーシュとの時間はそれだけ大切だったと言うことでしょうか。

ボロ雑巾扱いを一話でここまで持ち上げるとはすごいとしかいえない・・・















画像


スザクはついに壊れてしまったようです。今一番これからの動向が読めないスザク。














画像


ついに何もかもを失ったルルーシュ。あるのはブリタニア皇帝への妄執のみ。これがギアスの代償なのか!?













画像


そして皇帝は『ラグナレクの接続』を起動させようとしていました。古い世界を壊し、新しい世界を創るために・・・














ラグナレクの接続とは、結構前にバトレーがコーネリアに言った「世界が滅亡してしまう」という台詞と関係あるみたいですが・・・





しかし一話にしてここまで状況が変わるとは・・・なんとも濃い30分でした・・・
やっぱコードギアスおもしろいなあ・・・でもあと6話で終わるのかな?3期くらいやっても良かったような気がしますがね・・・

ルルーシュはついに覚悟を決めたようですが、それまでの道のりが長かった・・・しかもここまでの道のりで失ってきたものがあまりにも多い・・・
これはるルーシュの甘さが招いた結果なのか、ギアスを持つものの宿命なのか・・・両方ですかね。


黒の騎士団もあっさり瓦解しすぎだろう。今までゼロがやってきた功績を考えればこれはあんまりだ。シュナイゼルの話術が巧みだったということでしょうかね。

黒の騎士団は『日本開放』を目的としていましたから、ルルーシュの『ブリタニアの妥当』というコンセプトとは合わなかったと言うことでしょうか。

多分シュナイゼルは日本を開放することにしたんだと思います。だからあんなにあっさりとみんな裏切ったのではないかと。
やっぱり人間自分たちがよければ後はどうでもいいのかもしれませんね・・・たとえ他のエリアが支配されたままだとしても。


来週が楽しみで仕方ないです。ジノが処刑されるような場面がありましたが・・・多分フレイヤを認められなかったんじゃないかと。これは仲間になるフラグ!?

次回「皇帝 失格」





応援よろしくお願いします
web拍手を送る



ポチッとクリックしてください。
にほんブログ村 アニメブログへ








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック